ピューレパール 効果

ピューレパールは効果ない?【確認と検証】

ピューレパールって効果ないという意見も少なからずありますので、ここで一度ピューレパールの特性やどんな商品なのかを振り返るような記事を書いてみました。まずピューレパールの特徴としておさらいをしていくと、値段と容量が以下のようになります。

 

商品名 金額(送料込み) 容量
ピューレパール 8200円 30g

 

上記のような価格設定と容量で販売されていますね。ここだけだと実際、ちょっと割高ですね。ホントに効果がないと中々買いにくい、商品であると感じます。

 

 

ピューレパールの成分

 

 

ピューレパールは上記のように美容成分が非常に多く含まれています。だいたい女性の方ならご存知の成分ばかりではないでしょうか?ハリや弾力、潤いで有名なグリチルリチン酸2K、プラセンタ、コラーゲン、ヒアルロン酸などを含み、刺激から守るセラミド、肌の形成を助ける天然ビタミンEなど良い成分が盛りだくさんであります。

 

 

さらにこのピューレパールのデリケートゾーンを形成する上で欠かせないものが”美白成分”
黒⇒白

 

色を保護する役割として美白成分をしっかりと含んでいないと意味がありません。

 

 

これらの成分作用が黒ずみを和らげ、理想的な状態へと変化させていく働きを促します。元々お肌の黒ずみの原因で密接に関係してくるのが、”メラニン”。これが色素沈着の関連と非常に大きく関係してきます。これらの成分がそれを含め黒ずみに対して働きかけます。

 

まず肌本来の働きを整える
黒ずみの元となるメラニンの生成を抑える
黒ずみの原因にダイレクトアプローチ

 

成分はわかったけどホントに効くの?

 

 

化粧品や化粧水を多く使用されている人であれば、わかると思いますが、美容品の場合は大事なことって成分以外にもポイントとしてあります。それは”その良い成分がしっかりと肌まで浸透されるのかどうなのか?”という点です。

 

これは非常に大きなキモになりますね。

 

この点に関しては、図のような状態になりお肌の浸透する際に表皮⇒角層⇒角質層⇒真皮といった具合に進んでいきますが、微粒子化により奥まで浸透を実現しています。一般的美容成分であると左の図を見ていただくとわかりやすいですが、浸透されません。

 

こういった製品は安価な化粧品に多くありますが、浸透しなければ効果もへったくれもありません。

 

これがピューレパールの場合はしっかりと成分を小さいサイズまで縮小してある分にしっかりと効果を与えてくれるわけです。

 

さらに隠れたポイントにはなりますが、成分が浸透する際に高分子のトリプルヒアルロン酸がポイント@で書いたような”まず肌本来の働きを整える”に一躍買っており、ターンオーバーを整え、自己治癒力とも言えるバランスを整えてくれます。

 

刺激は大丈夫?

 

 

これは特にお肌が弱い人が気になる部分であると思います。
ただ加齢と共にお肌は弱まってくるので、今は肌が強いという人も大事な部分です。

 

これに関しては肌の弱い人でも大丈夫な成分を取り揃えています。

 

今現代は石油系界面活性剤や着色料を使用していないと謡っているところは化粧品でもあるにはありますが、加えてシリコン、合成香料、紫外線吸収剤も大丈夫ですのでより安心な成分配合です。

 

まとめ

 

お肌の化粧品や化粧水って、一概に判断基準が難しいのが特徴です。専門家やその会社の社員でもない限り判別というのはとても難しいもの。気になる人は口コミもご覧ください。

 

 

 

製品としては数多くの有名な賞やサイトにも載っている商品です。効果がなければすぐに消えてしまうのが化粧品でもありますが、長い間売れ続けている商品です。もっと詳しいことは購入ページでさらに詳細を確認ください。購入のキャンペーン情報なども記載されています。